ABOUT "Re:Kyoto"

 

“ここ京都で、あなたに出会って欲しい音楽がある。” 

 

京都の街は、

1人1人がそれぞれのペースで、好きに生きていくことが許される、

そんなゆるくて自由な空気が流れています。

 

そのせいもあってなのか、

京都の音楽シーンには、

個性豊かな音楽を鳴らすアーティストがたくさんいます。

  

学生時代、音楽ライターとして・ライブカメラマンとして、

京都の音楽シーンに魅了されてきた2人が、

 京都の音楽シーンを盛り上げたい!

素晴らしいアーティストを世の中に発信したい!

 

そんな想いを持って、今回のイベントを企画しました。 

 

 

今回は、私たちが、絶大な自信を持って1人でも多くの人にお届けしたい、

と思うアーティストの方たちに集まって頂きました。

あなたがまだ出会っていない音楽が、

もしかすると、あなたの人生を左右する程の大きな感動を与えるかもしれません。   

  

このイベントが皆さんにとって、

今回出演して頂くアーティストをはじめ、京都の音楽シーンに、

少しでも興味を持ってもらえる場となれば、非常に嬉しく思います。 

 

そこまでいかなくても、  

「音楽って、いいな。」 

そう思ってもらえるだけでも、私たちは幸せです。 

 

 

今回のイベントタイトルは、「Re: Kyoto」です。

「Re:」とは、ご存知の通り、メールを返した時にタイトルに付く記号です。

 

主催者である2人は、京都で学生生活を送る中で、

京都の街、そして京都のアーティストの方々から、

たくさんの素晴らしい経験や想いをさせて頂きました。

そのため、今度は私たちが京都の街とアーティストたちに、何かを返したい。

そんな想いが、このタイトルには込められています。 

 

2011年1月14日  

楽しくて温かい時間を、たくさんの方と共有できれば嬉しいです。

 

主催者紹介

 

矢島由佳子(やじまゆかこ)

 

大阪府在住  

中学の頃から学生時代を京都で過ごしていたため、心の故郷は京都に在り。現在、同志社大学4回生。

 

大学1回生の頃から、

フリーペーパー『ガクシン』(http://www.gakushin.co.jp/)にてライター活動を始める。
文章を書くのはかなり苦手であったが(現在も)、徐々に音楽ライターの楽しさとやりがいにはまっていく。京都にゆかりのあるアーティストを紹介するコーナー「京の音楽人」を担当。ここを通して、京都の個性溢れる音楽シーンに、どんどん惹かれていく。


これまでの取材アーティスト:
空中ループ、Antelope、MILKBAR、jizue、10-FEET、Nabowa、モーモールルギャバン、LOVE LOVE LOVE、Turntable Films、ゆーきゃん、などなど

 

全国版音楽系フリーマガジン「JUNGLE★LIFE」(http://www.jungle.ne.jp/)においても、ライターとして関わっている。
その他、FM802の学生スタッフ・802wannabesとしても活動中。

 

とにかく、良い音楽が世の中に広まるためや、素敵なアーティストをサポートするためなら、微力であっても、自分にできることをなにかやりたいな、とそんなことばかり考えています。

 

素敵な音楽と、素敵な人に囲まれていることが、私の幸せです。

 

 

ハブ (本名ではない)

 

宮崎生まれ神戸出身、一人暮らしがしたくて来京。

現在、京都産業大学の4回生。京都に来てから鼻炎が治りました。


08年よりイベントオーガナイザーとして活動。
“いい意味でライブハウスの敷居を下げる”をコンセプトに掲げ、月1のペースで「初心者どもが金を取るライブ」という奇抜なタイトルのコピーバンドイベントを実施。

それと平行しながら京都の若手バンドを中心とした企画も実施し大きな反響を得る。09年5月には三条界隈のライブハウスを巻き込んだ600人規模のイベント“三条音線”の最年少幹部を担った。1年間、ライブハウスにて企画・制作スタッフとして勤務。

 

また同年より音楽カメラマンとして活動。ライブ撮影のみならずアーティスト写真やPV撮影など、音楽に関わるあらゆる活動をしている。

関西の主要フェスや大型ライブサーキット、会館での撮影経験もあり。

セット別30分を、その中での表現を一枚の画像にする難しさ楽しさに一喜一憂してます。
“それっぽい”ではなく“そのもの”に。
全国流通のCD、雑誌に起用されたこともあったりなかったり


 

 

もっと音楽を理解したい。 それだけなんです。

 

 

HP